山下達郎さんとジャズミュージシャンの浅からぬ関係について

[`evernote` not found]
Facebook にシェア

山下達郎さんのコンサートツアー、新潟県民会館での初日、堪能致しました。

で、ここは新潟のジャズについて語るのブログなんで、ジャズの話に強引に持って行きます。

山下達郎さんのアルバム・ライブ共、インプロビゼーション(ソロ)多めの為か、昔からジャズ関連のミュージシャンが多数、参加されております。

曲の途中に繰り広げられる壮絶なソロの応酬に、我々アマチュアミュージシャンはいつも、胸を熱くしつつ、ステージ上の熱演を堪能するのであります。

そんな話を交えつつ、今回は思いついた事を、つらつらと・・・。


まず、今回ツアーに参加してる「20代若手」ジャズ系ミュージシャンについて。

小笠原拓海(ds)さんは「山下洋輔ニュー・カルテット」へ参加されたことで一躍有名になった方。
小笠原さんが参加されてから三度目のライブという事で、完全にバンドに馴染んでましたね。

さらに今回、大御所・土岐英史(sax)さんに代わり、期待の若手・宮里陽太(sax)さんが参加。
達郎さんが抜擢しただけあって、素晴らしいブローを会場に響かせておりました。

あと、プログレ・変拍子ジャズで御馴染み、難波弘之(p,rhodes)さんもいつも通り参加中。

そういえば、最初に達郎さんが結成した「Sugar Babe」というバンド、所属した事務所にはあの山下洋輔(p)トリオ、そして向井滋春(tb)クインテットが在籍してた模様。

そういう視点を眺めると、「山下達郎さんとジャズミュージシャンの浅からぬ関係」が次々と明らかになる訳でして・・・・。

あ。思い出した。
ソロデビューアルバム「Circus Town」では、ランディ・ブレッカー(tp)参加してたな。

そういう事(どういう事だ)で、ジャズを演奏してる人達にとって、達郎さんのコンサートは、「一粒で二度美味しい」状態な訳です。

都合で二日目行けないから、次のコンサート待ち遠しいなあ・・・。

<以下、蛇足>

新発田高校ブラスバンド部で、ビックバンドの楽譜と格闘しつつ、買い漁った山下達郎さんのアルバムを、歌詞カードを見ないで歌える位まで(LPからコピーした)カセットを聴き続けていた高校生時代・・・お陰で、今でもカラオケでならまだ大丈夫。高音出るし(笑)。

思い起こせば、高校時代にアルバム「Pocket Music」発売時のツアーに参加したのが、これまで続く、山下達郎さんの新潟県民会館詣での始まり・・・・。

運良く、最前列で生達郎さんに接し、手が腫れるまで手拍子したあのライブ。

アルバムから受ける生真面目なイメージとは懸け離れた、軽妙なトークに心奪われ、そのまま現在に至ると(笑)。

未だに達郎さんのコンサートに行きつつ、ジャズを演奏している自分を振り返り、高校の時から「聴いてる音楽も、やってる音楽も変わらない」自分を、ここで再発見(笑)。

つい最近も、ブラスバンド時代の同級生と偶然お会いする機会があったりして、高校時代からまったくやってる事が変わらん自分に呆れつつ、あの熱く暴走気味な青春(笑)時代を懐かしく・・・。

<参考ページ>

小笠原拓海…Smile Company Ltd. - 小笠原拓海(ds)

YOTA MIYAZATO OFFICIAL WEB SITE - 宮里陽太(sax)

Hiroyuki Namba - 難波弘之(p,rhodes)

柴田 俊文 / Toshibumi Shibata - 柴田俊文(key)

思いついたまま、まとまりの無い話を綴ってみました。
では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*