【追悼・ニ野明】これから、伝説として語り継がれるピアニスト

[`evernote` not found]
Facebook にシェア

耽美的な演奏でファンを魅了した新潟のジャズピアニスト、ニ野明さんが急逝された模様。

新潟大学・軽音学部の先輩でもあったので、約20年近くニ野さんを目撃してた事になりますか。

まずは、故人のご冥福をお祈りします。

送信者 新潟ジャズストリート(2007.07~)

新潟で一番、典型的なジャズミュージシャンと言えたヒト。
アルコールと共に生き、アルコールと共に逝ったヒト。

関わった人全てに、強烈な印象を残したヒト。
これから、伝説として語り継がれるヒト。

万代ジャズフェスティバル2013(Bandai Jazz festival 2013)におけるジャムセッションでの演奏が、公式最後の演奏となった模様。

で、私がニ野さんを目撃したのは、「万代ジャズフェスティバル2013」の会場で、五十嵐一生(tp)さんがステージで演奏していた時でした。

何かを感じた先に視線を向けると、控え室があるビルの窓にへばりつき、夢うつつな感じで、ピアノを弾く仕草をしていたニ野さんが・・・。

とあるご病気で、入院治療されてたと聞いていたので、「何でここに居るの?」と、思ってましたが、こんな事になるとは・・・。

送信者 新潟ジャズストリート(2007.07~)

これからは、伝説の中で語り継がれるであろうピアニスト、ニ野明さんに合掌。