山本美恵 – Landscape 2 (2015)【アルバムレビュー】

山本美恵というミュージシャンと知り合ってもう、何年になるだろうか。

東京を拠点に活動し、ライブやレコーディングのある時だけ、新潟に戻っているので当方、機会があればライブに足を運ぶという感じかな。

彼女の演奏スタイルは、古くはバップに心酔した秋吉敏子、現在だと大西順子に代表される、音が粒だってリズミックに弾いた時にこそ、真価を発揮する奏法のように感じております。

現在活躍する多くの女流ピアニストが、ヨーロピアンというかメロディアスなスタイルと、ハーモニーの洗練さを優先するのに対して、パーカッシブな奏法という、少数派に属する奏法を追求しているように思えるのだが、真実は如何に。

そういうスタイル故か、はたまた元来の性格か、サックスやパーカッションなど刺激的なメンバーが加わると、演奏が俄然、面白くなる気がします。

山本美恵 - Landscape 2

写真左から:小竹美穂(vo)、金井拓明(g)、山本美恵(p, pianica)


前置きはこれくらいにして。

2015年09月11日に発売された「Landscape2 / 山本美恵 feat. 岡部洋一 (Sur La Musique」は、新潟出身のジャズピアニスト・山本美恵さんの「Landscape (2013)」以来、約2年ぶり7枚目のリーダーアルバムです。

Landscape 2

前作「Landscape (2013)」同様、パーカッショニストの岡部洋一さんを迎え、新潟県三条市にあるベーシスト・長野賢一さんの「スタジオKEN」で録音されました。

これまた前作に引き続き、中国の民族楽器・二胡で江辺玲子さんが参加。

今回は、デュオユニット「Kinzan」の相棒・金井拓明(g)さんと、新潟で活動する期待の若手女性ヴォーカリスト・小竹美穂さんが3曲参加。

小竹美穂さんは、今回の録音が初CD化だそうで、なんとも初々しいヴォーカルを聴かせてくれます。

このアルバムは表記通り、山本美恵と岡部洋一を中心とした編成で演奏されてます。

曲により二胡の江辺玲子さん、ギターの金井拓明さんが参加することで変化をつけつつ、3曲事に登場する小竹美穂さん入りヴォーカルナンバーが演奏の区切りの役目を担っている感じですか。


Landscape 2 – 山本美恵 feat. 岡部洋一 (Sur La Musique SLMO-0022)

山本美恵(p, pianica) 岡部洋一(per) 金井拓明(g) 長野賢一(b)
小竹美穂(vo) 江辺玲子(二胡)

録音:2015年05~06月 三条 Studio KEN

01. Scottish in Asia 6:08
02. Take Five (Paul Desmond) 7:02
03. Girl from Ipanema (Tom Jobim)[小竹美穂(vo)] 4:49

04. Mother-river 4:53
05. Take a break 3:46
06. Luiza (Tom Jobim)[小竹美穂(vo)] 6:04

07. Light of the town 5:00
08. Rain fortune 4:36
09. How high the moon (Morgan Lewis)[小竹美穂(vo)] 4:02

10. A night in Hongo 6:06
11. Only once 5:20

All Songs Written by Mie Yamamoto (Except M-2, 3, 6, 9)


以下、簡単に曲目解説などを。

まず、二胡の江辺玲子さんが参加する3曲を。ただ、9曲目「How high the moon」はヴォーカル曲なので、後ほど。

蛇足ですが、新潟の風景(Landscape)に何故、日本の三味線ではなく、中国の民族楽器である二胡が加わるのか、とても謎なのですが、新潟市は近年、中国との交流を深めているようなので、その辺りを考慮した編成なのかもしれません。

1曲目「Scottish in Asia(アジアのスコットランド人)」は、アジア側を二胡、スコットランド側をバグパイプ(bagpipe)で表現してるのかな。

4曲目「Mother-river」は、中国の大河をイメージした曲だそうで。

「Kinzan」の相棒・金井拓明さんが参加する2曲目「Take Five」は、デイブ・ブルーベック・カルテットの演奏でお馴染みの名曲。

5曲目「Take a break」と、7曲目「Light of the town(街の灯り)」は、ピアノとパーカッションのデュオ。

10曲目「A night in Hongo(本郷の夜)」と、8曲目「Rain fortune(雨の恵み)」は、ベースの長野賢一さんが加わるトリオ編成。

ゲストヴォーカルの小竹美穂さんが参加するのは3曲。

3曲目「Girl from Ipanema」と、6曲目「Luiza」は、ボサノヴァ風アレンジで。

9曲目「How high the moon」は、彼女が所属するビックバンド「スイングハードジャズオーケストラ」で、度々歌っている楽曲。この曲もまた、ボサノヴァ風アレンジ。

ラストはピアノソロによる11曲目「Only once」で静かにアルバムが終了します。


最後に、山本美恵さんと小竹美穂さんさんからメッセージをいただきましたので掲載します。

☆リーダー:山本美恵さんよりのメッセージ

山本美恵(p)

前作~Mie Yamamoto feat.Yoichi Okabe「Landscape」から2年。

その間、東京で岡部さんとライブを少しずつ行ってきて、色々な発見が有り、とりわけライブミュージックの素晴らしさを改めて感じた。

そして自分が平凡で、小さな殻の中で小さな音楽をやっている事を思い知らされた。

何とか殻を破ろうとレコーディングした第2弾~Mie Yamamoto feat.Yoichi Okabe「Landscape2」

実は正直、私にとって生易しいものでは無かったです。

しかし録音を聴いてみると、苦々しく必死(笑)のテイク程、いい意味の緊張感が溢れ、面白い仕上がりになっていた。

これはプロデューサーの長野賢一氏の手腕と岡部マジックのおかげに他ならない。

皆様に是非聴いて頂きたいアルバムです。

華を添える多彩なゲストの演奏も素晴らしいです。




☆ゲストヴォーカル:小竹美穂さんのメッセージ

小竹美穂

初めてのレコーディングという事で、緊張と不安はありましたが、共演していただいた方々にいろいろ教えていただきながら無事に録音する事が出来ました。

今回参加させていただけて、本当に光栄です。

Landscape=景色、風景という意味があるのですが、一曲一曲聴いていると、それぞれの異なった情景が目に浮かんできます。

本当にいいアルバムなので、沢山の方に聴いていただきたいです。




パーカッション奏者の岡部洋一さんは、ベースの長野賢一と組んで、異色のアルバムを制作しております。

新潟県燕市にある「福勝寺」住職・黒田玲映さん率いる「黒田組」と共演した、お経とのコラボレーション「感覚の地平線〜福勝寺本堂にて〜」というライヴアルバムは、なんと2枚発売されています。


さて、いつもとは違うアルバムレビュー、如何だったでしょうか?

新潟で活躍するミュージシャンの自主制作アルバムは、まだありますので、機会をみてご紹介したいと思います。

Landscape2 – Kinzan+小竹美穂@よろっto ローサ2015(9/13)

秋深し。物思いに耽る日々が続いているので、更新間隔も長くなってしまいます。

冬の新潟ジャズストリートもエントリー締切となり、そちらもそろそろ準備にかかる時期となってきました。

私が出演予定のバンドでは、演奏形態を大幅に変える事が決まったので、先に用意してた曲をボツにして、選曲し直したりという状態です。

「第27回新潟ジャズストリート~デューク・エリントン・メモリアル~」は、2016年01月17日(日)に開催予定です。

今から予定しておいて下さいませ。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

さて前置きが長くなってしまいましたが。

9月13日は、古町地下街スペース「よろっto ローサ」での山本美恵さん達のライブにお邪魔してきました。

2015年09月11日発売にニューアルバム、「Landscape2 / 山本美恵 feat. 岡部洋一 (Sur La Musique」を発売された山本美恵さん。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

今回は、ゲストヴォーカルとして参加された小竹美穂さんも交え、素敵なライブを聴かせてもらいました。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

Kinzan:山本美恵(p) 金井拓明(g) + 小竹美穂(vo)

日時:2015年09月13日(日)13:00 ~ 15:00
会場:よろっto ローサ(新潟市中央区西堀前通6番町 西堀ローサ)

「Landscape2 / 山本美恵 feat. 岡部洋一 (Sur La Musique SLMO-0022)」

山本美恵(p) 岡部洋一(per) 金井拓明(g) 長野賢一(b) 小竹美穂(vo) 江辺玲子(二胡)
録音:2015年05~06月 三条 Studio KEN

01. Scottish in Asia
02. Take Five
03. Girl from Ipanema
04. Mother-river
05. Take a break
06. Luiza
07. Light of the town
08. Rain fortune
09. How high the moon
10. A night in Hongo
11.Only once

阿部真由美 -Tranquility and Passion- Japan tour 2015

アメリカのカリフォルニア、サンノゼで活動中のジャズヴォーカリスト、阿部真由美さんがファーストCD「Tranquility and Passion」を発売しました。

そのアルバムリリース記念ライブを、大阪~東京~名古屋~新潟~石川で開催するとのこと。

ジャズピアニストの山本美恵さんからお知らせがありましたので、掲載致します。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

~阿部真由美(vo) From California First CD「Tranquility and Passion」発売記念ツアー~

◆2015年7月1日(水)19:30 浅草【SHIZUKAⅡ】

阿部真由美(vo) From California
山本美恵(p) 岩谷耕資郎(g)

会場:SHIZUKAⅡ(台東区西浅草2ー25ー8,1階)
電話:03ー3841ー5341

チャージ:¥2500 ※オツマミ付き(オーダー別途)

http://blog.goo.ne.jp/gotou_2009

◆2015年7月3日(金)19:30 吉祥寺【MEG】

阿部真由美(vo) From California
山本美恵(p) 岩谷耕資郎(g)

会場:MEG(武蔵野市吉祥寺本町1-31-3)
電話:0422-21-1421

チャージ:2000円+ミニマム1360円

http://www.meg-jazz.com/

◆2015年7月12日(日)18:30 (18:00オープン) 燕【ノアノア】

阿部真由美(vol) From California
山本美恵(p)

会場:ノアノア(新潟県燕市吉田大保町12-73)
電話:0256-93-1571

チャージ:2500円(1d付)

◆2015年7月13日(月)13:00 ~ 15:00 新潟【よろっto ローサ】

阿部真由美(vo) From California
山本美恵(p)

会場:よろっto ローサ(新潟市中央区西堀ローサ七番町内)
電話:025-378-1137

チャージ:無料

http://yorotto.com/?cat=3

◆2015年7月18日(土)新潟ジャズストリート

◆2015年7月19日(日)新潟ジャズストリート

◆2015年7月22日(水)万代シルバーホテル(新潟市中央区)

◆2015年7月28日(火)うたげ堂(柏崎市)

おとやませ@よろっto ロー サ 2015(1/2)

2015年最初は、毎年恒例となりつつある、山本美恵さんの「よろっto ロー サ」でのライブ。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

今回は「おとやませ」という事で、新潟出身の音川英二さんの夫妻がフロントに立ち、ご夫婦らしい息の合ったアンサンブルと、あっと息を呑む展開が続くソロを堪能する事が出来ました。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

おとやませ
音川英二(ts) ませひろこ(ss) 山本美恵(p)

2015年01月02日(金)15:00 – 17:00
よろっto ロー サ(新潟市中央区西堀前通7番町 西堀ローサ)

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2015~

音川英二さんは新潟市生まれ。

テナーサックスは大学時代から始めたそうで、大学四回生の時(1984年)、アメリカ・ボストンにあるバークリー音楽院の奨学基金制度に合格。

バークリー音楽院卒業後、東京都内で活動。

1994年にニューヨークへ再渡米、「Five Spot」などでライブ活動を行う。

1996年の帰国後は、香取良彦ジャズ・オーケストラ、岩瀬立飛&新澤健一郎グループ(Glidephonic,Quiet Leaves)、Junky Funkなどで活動。

また「JAZZ FLASH」のマスターの計らいで、「森山威男GROUP」に参加。

自身のリーダーアルバムの他、「森山威男GROUP」、「Nervio」など多数のアルバムに参加。

また、バンド「MJR」にて、テレビヒーローにまつわる楽曲をJAZZアレンジした「テレビジャズ」シリーズを発売するなど、多彩な活動を続けております。

音川英二公式サイト

KINZAN with 阿部真由美@よろっto ローサ(7/28)

アメリカを拠点に活動する阿部真由美さんが、一時帰国中に「よろっto ローサ」で開催されたライブの様子を。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

共演するのは、山本美恵さんと金井拓明さんのユニット「Kinzan」。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

平日だというのに、沢山のお客様が集まっておりました。

阿部真由美 (vo) with Kinzan [金井拓明 (g) 山本美恵 (p)]]

7月28日(月)14:00~16:00
よろっto ローサ(新潟市中央区西堀ローサ七番町内)

KINZAN@よろっto ローサ2014 [新潟市中央区西堀](5/17)

5月17日(土)は、二つのライブを掛け持ちしてみました。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

こちらは、「よろっto ローサ」で行われた「KINZAN ~ Chasing Game」。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

KINZAN ~ Chasing Game

≪KINZAN≫ 金井拓明 (g) 山本美恵 (p)

2014年05月17日(土)13:00~15:00
よろっto ローサ(新潟市中央区西堀ローサ七番町内)

Kinzan Jazz Live@よろっTOローサ2014(2/23)

2月23日(日)、新潟市中央区の繁華街・古町・西堀ローサ。
こちらの「よろっTOローサ」で、ジャズ関連のライブが2本開催されました。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

最初は、金井拓明さんと、山本美恵さんのユニット「Kinzan」。
第2部は、地元ミュージシャンが飛び入り参加してのセッションとなりました。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

Kinzan Jazz Live@よろっTOローサ
金井拓明 (g) 山本美恵 (pf)

ゲスト:小黒仁 (b) 古沢和良(cor) 他

2014年02月23日(日)13:00 – 15:00

【動画】山本美恵(pf)&音川英二(ts)ライブ2014(1/2)

1月2日、西堀ローサ内「よろっ to ローサ」でのライブ、動画をアップしたので、ご紹介致します。

New Year’s Medley ~ Mother River [arr & composed by Mie Yamamoto]

Two-DayTrip [arr & composed by Mie Yamamoto]

帰省Jazz Trio
山本美恵 (pf) 音川英二 (ts) 阿部真由美 (vo)

よろっtoローサ
新潟市中央区西堀通前7(西堀ローサ内)

帰省Jazz Trio in よろっ to ローサ2014 (1/2)

2014年の最初のライブは、西堀ローサにある「よろっ to ローサ」でした。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

アメリカ西海岸在住の阿部真由美さん、そして関東在住の音川英二さん、山本美恵さんによる、変則トリオ。
かなり、聴き応えあるライブでありました。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2014~

帰省Jazz Trio
阿部真由美 (vo) 音川英二 (ts) 山本美恵 (pf)

よろっtoローサ
新潟市中央区西堀通前7(西堀ローサ内)

山本美恵(p) 小松原崇(g) DUO@Showben-小僧201310【2Days】

今週末、新発田市に新しく出来た「Showben-小僧」にて、「山本美恵(p) 小松原崇(g) DUO」が開催されます。

送信者 新潟ジャズ界隈のライブ2013~

—————————————————-
山本美恵(p) 小松原崇(g) DUO@Showben-小僧【2Days】
—————————————————-
会場:Showben-小僧(新発田市中央町 4丁目4-5 アークビル2F)
http://www.showben-kozo.com/
—————————————————-

♪10月19日(土)19:00-
チャージ:前2,500円(1d)当3,000円(1d)

♪10月20日(土)14:00- 山本美恵(p) 小松原崇(g) DUO
チャージ:前2,000円(1d)当2,500円(1d)
※アイスティーならチーズケーキをサービス!

—————————————————-