第15回新潟ジャズストリート(8) ジャムセッション with Separam【JAZZY SPACE CATS HOUSE】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、23時過ぎからは、「JAZZY SPACE CATS HOUSE」
での「ジャムセッション with Separam(セパラ)」を鑑賞してまいりました。
 
 
流石にこの時間になると、わたくしもへとへと(笑)です。
 
「JAZZY SPACE CATS HOUSE」に辿り着くと、前のステージが終了しておらず会場は満杯!!!
 
入口には何やらマイクを抱えたお方が居たりと、不思議な高揚感漂う会場でありました・・・。
 
★23:00-24:00 ジャムセッション with Separam(セパラ)

ジャム・セッションということで期待しておったのですが、なかなかミュージシャンが到着せず・・・・

という状況でありまして・・・・・。

こんな状態なら、楽器持参するべきであったなあなどと思っても後の祭り(笑)。

ドラムの方が急遽ピアノによるソロを演奏したり、東京からいらした方がトロンボーンで参加されたりと、

ジャムが始まるとなかなか楽しませてもらいました。

そうだ!ギターで延々、ブルースを唄う方とかもおりましたね。

 

で日付が変わる頃、流石に疲れたので賑やかな会場を後にしました・・・・。

 
今回同行した東京在住のA氏、ヴォーカルの岡部綾子さんを気にいった様子で、東京でもライブ見に
行くと言っておりましたが、はてさてどうなることやら。
 
さらに帰り際、マイク持参の某方と遭遇しましたが、その事はまた別の機会があれば・・・。

Separam(セパラ):
岡部綾子(vo) 斎藤英樹(g) 西川翔(b) 高嶋進(ds) 中村明奈(per,vib)

 
+ジャム・セッション参加の皆様 (詳細不明)
 
会場:JAZZY SPACE CATS HOUSE
住所:新潟市中央区古町通6
電話:025-224-1667

<参考ブログ>

 
お店の情報とか、出演者の情報が少ないので、下記ブログを参考までに。
 
 
 
 
はいっ、これで 『第15回新潟ジャズ・ストリート』 のイベント・レポートは終了です。
 
さて次回から、どのあたりのネタに手をつけるかなあ ・・・・ まあ、お気楽に進めますね。
 

第15回新潟ジャズストリート(7) U-BOAT【ジャズ喫茶 スワン】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、夜も深まった「ジャズ喫茶 スワン」での「U-BOAT」です。
流石に、鑑賞する側も疲れてくる時間帯・・・・ただ、会場の「ジャズ濃度」は高いままでしたね。

トランペット、テナーの2管編成に、ヴァイオリンが加わるという異色の編成。なかなか面白いです。

疲れてメモ、全然取れなかったので記憶を頼りに・・・。

★21:00-23:00 U-BOAT
流石に会場は満席! 移動も面倒なので、入口付近でお気楽に聴いておりました。

途中、ミッシェル・ペトルチアーニ(p)の名曲『Looking Up』などを演奏。
・・・ペトルチアーニのファンであるわたくし、大喜び(大笑)。

「U-BOAT」さんは、結構長くコンスタントに活動されているバンドなんで、公式情報が確認出来る
サイトなど開設して欲しいなあ。みんな、「八木ブラザーズ」を見習え(笑)!
 
新潟在住のバンドさん達、情報発信には消極的なのが残念であったりします。
情報貯まったら、加持が独自に『新潟ジャズ情報』とか、サイト開設しようかなあ。
 
U-BOAT:
本田功一(tp) 岡田正博(ts) 岩本麻里(vln) 笹川真司(p) 岡田保紀(b) 内山二夫(ds)

会場:ジャズ喫茶 スワン
住所:新潟市中央区西堀通4
電話:025-223-4349

ジャズ喫茶スワン

 
 
ラストにお送りするのは、ジャムセッションが行なわれた『JAZZY SPACE CATS HOUSE』です。
 

第15回新潟ジャズストリート(6) 長沢好宏クインテット&近藤淳【コーヒーショップ 器】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、午後9時過ぎからは、「コーヒーショップ 器」で
「長沢好宏クインテット&近藤淳」を鑑賞致しました・・・。

夜も更けた会場に辿り着いた頃には、セカンド・ステージが始まっておりました。

それではメモを見ながら・・・・・曲名に書き取り間違いあるやもしれませんが、ご容赦を。

 
★20:00-22:00 長沢好宏クインテット&近藤淳

新潟ジャズ界の大御所、テナーの長沢好宏さんに率いられた腕利きのメンバー達。

ギターの山崎英夫さん、ピアノの尾崎利彦さんは新潟大学時代在籍中から長沢さん
と共演しておりますので、ツボを心得たバッキングを聴かせてくれましたね。
 

 
ヴォーカルの近藤淳さんは、東京から遠征された模様・・・。

会場ではまず、長沢好宏クインテットによる演奏で、4曲聴くことが出来ました。


 

演奏された曲目は、メモによると・・・・・。
 
「Someone To Watch Over Me」、「Blue Bossa (Kenny Dorham)」、「Darn That Dream」、
「Dear Lord (John Coltrane)」でありました。

その後近藤淳さんが加わって、ヴォーカル・ナンバーを3曲程・・・。
女性ヴォーカルが加わると、会場は華やかな感じに包まれておりました。

 

 
「春の如く」、バラッド調の「You Don’t Know What Love Is」、そして「My Favorite Things」。
 
 
で、追加情報を。
何気にBSNさんのサイトを覗いたら、長沢さんのバンドが2月28日、りゅーとぴあで開催される
『The Great Jazz Trio by Hank Jones』のオープニング・アクトとして登場するみたいです。
 
こちらの演奏も楽しみですね。

長沢好宏クインテット&近藤淳:
長沢好宏(ts) 山崎英夫(g) 尾崎利彦(p) 文河潤(b) 本間克範(ds) 近藤淳(vo)

 
会場:コーヒーショップ 器
住所:新潟市中央区営所通1
電話:025-229-5239

自家焙煎珈琲&Jazzの店 器

 
 
 
 
 
次回は、ジャズ喫茶 スワンでの『U-BOAT』の模様を若干・・・。
 

第15回新潟ジャズストリート(5) 越後ジャズ戯団【市民プラザ】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、再び市民プラザ(NEXT21 6F)で開催された
【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】の模様です。
 
越後ジャズ戯団は、フロント6人にリズム・セクション3名という9人編成のバンド。
ソフトなアンサンブルを前面に押し出した、昨今珍しいバンドであります。

冬にソフトな「ウエスト・コースト風味アンサンブル」を鑑賞するのもいいものですね。

 
古町の「みやこや」で夕食代わりに一杯引っ掛けてから会場入りしたので、演奏の
頭は聞き逃してしまいましたが・・・長丁場なんでご勘弁を。

★20:00-21:00 越後ジャズ戯団【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】

途中からですが、メモに残ってる曲をご紹介しておきましょう。

司会のチャーリー高坂さんからD・エリントン・ナンバーのリクエストがあったとのことで急遽演奏された

「Take The A Train」。

トロンボーンのソロ、セカンドリフ、転調してからのアンサンブルなど聴き応え満点だった

「Footprints (Wayne Shorter)」。

アンコール前には、ジャズ喫茶世代には懐かしい「500 Miles High (Chick Corea)」。

アンコールにはサンバ調のアレンジで、「Misty」を演奏しておりました。

ちなみに、ベースの東聡志さんは、からかみ屋の『Fabio Bottazzo & 東聡志』で、ピアノの
細木久美さんは、ジャズフラッシュの『八木ブラザーズ7』で演奏されてましたね。

越後ジャズ戯団:
細木紀克(tp) 中林直毅(tp) 土田克雄(tb) 田辺徹(b-tb) 南雲麻美(sax) 渡辺憲司(sax) 
細木久美(p) 東聡志(b) 板井正行(ds)

会場:市民プラザ( NEXT21 6F)
住所:新潟市西堀通6
電話:025-226-5500

次回は【コーヒーショップ 器】での、『長沢好宏クインテット&近藤淳』です。
それではー。

第15回新潟ジャズストリート(4) 八木ブラザーズ7【ジャズ フラッシュ】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、こちらは老舗ジャズ喫茶「ジャズ フラッシュ」。
 
こちらでは2時間に渡り、「八木ブラザーズ7」による白熱した演奏が繰り広げられました。
 
新潟は流石、目利きのジャズファンが多いのか、会場はスタート前から満員御礼(笑)。
開演30分前に入って、ぎりぎり席が確保出来る位の状況。

ちなみに「八木ブラザーズ」、フロントの3人が兄弟でありまして。

トランペットが長男、テナー・サックスが次男、バンマス&トロンボーンが三男という構成で、ドラムの西尾

さん共々関東からわざわざ新潟まで来ている模様。でピアノの細木さん、ベースの阿部さんは新潟組?

そんな混成バンド、今回で新潟ジャズストリート登場7回目!

加持は何回か前、ジョイアミーア(前回動画掲載のもの)でのライブを拝見致しましてファンになった次第。

いきなり1曲目で、3管編成によるコルトレーンの「Blue Train (Blue Note)」収録のナンバーが聴ける

なんて、なんて幸せ!などと思いつつ、演奏は進行していくのでありました(笑)。
 
★17:00-19:00 八木ブラザーズ7@ジャズ フラッシュ
 
さてフロント陣の演奏能力の高さは、いつ聴いても感動ものであります。
ねじくれたテーマをあっさりと演奏してしまうお姿に、ほれぼれしてしまいます。
 
テナーの八木敬之さんは、マイケル・ブレッカー系統のスタイルなのかな?
ハードな演奏スタイルですが、時折バップ調レーズが飛び出したりして、なかなか面白かったです。
 
リーダーの八木義之さんは、バルブ・トロンボーンという珍しい楽器を操るお方。
あんだけの超絶フレーズを演奏するには、バルブ式の方がいいのだろう、うん(笑)。

あと、ドラムの西尾さん!切れ味鋭い演奏は素晴らしい!の一言!ドラム好きは絶対に聴け(笑)!
ほんと、ドラム好きの加持としては、たまらない演奏であります(笑)。
 

演奏レポートに戻りましてファースト・セット、オープニングはコルトレーンの「Moments Notice」でした。
 
で、いきなりドン・グロルニック(Don Grolnick)特集ということで、お客さんがほぼ知らない曲が続きます・・・。

ドン・グロルニックさんを調べると、ステップス、ブレッカー・ブラザーズなどに参加されたキーボード奏者さんみたいですね。
新生ブルーノートにも、2枚程CDが残されているようなので、今度見つけたら購入しようと思います。

– 1st Set –

01. Moment’s Notice (John Coltrane)
02. Heart of Darkness (Don Grolnick)
03. Or Come Fog (Don Grolnick)
04. Five Bars  (Don Grolnick)
05. Nothing Personal (Don Grolnick)
 

 
しばしの休憩を挟んでのセカンド・セット・・・。
ドン・グロルニック(Don Grolnick)の曲に続き、トランペットをフューチャーした「Lil Darlin’ 」に。
バラッドでお客さんを安心させていきなり怒涛の如く、フレディ・ハバード作曲の「The Core」に突入。
 
終盤は「Pools (Don Grolnick)」、そしてランディ・ブレッカーの「Freefall」と続くのでありました。
 
そういえば「Freefall」は、ビックバンドとの共演盤『Some Skunk Funk / Randy Brecker (BHM)』で、
ブレッカー兄弟が揃って演奏してましたね。

– 2nd Set –

01. Allanjuneall (Don Grolnick)
02. Lil Darlin’ (N. Hefti)
03. The Core (Freddie Hubbard)
04. Pools (Don Grolnick)
05. Freefall (Randy Brecker)

 

時間の関係でアンコールなしの2セットでありましたが、あまりにも密度の濃いステージでありました。
全員の演奏レベルが安定していて、コンセプトがしっかりしたバンドがもっと出てくると、おもしろいのになあ。
 
八木ブラザーズ7:
八木暢之(tp) 八木敬之(ts) 八木義之(tb) 細木久美(p) 阿部国男(b) 西尾研一(ds)

会場:ジャズ フラッシュ
住所:新潟市東堀通5
電話:025-224-4518

<付記>

テナーの八木敬之さん、インディースのジャズCDにメイン・ソロリストとして
参加されているそうで。当日、おもわず会場でCD買ってしまいました。

演奏メンバーを眺めたら、ドラムの高橋徹さんが参加されていて吃驚(笑)。

なんでこのCDは、機会をあらためてご紹介致します。
 

第15回新潟ジャズストリート(4-0) 八木ブラザーズ7【ジャズ フラッシュ】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、「ジャズ フラッシュ」での「八木ブラザーズ7」を
お送りしようとおもいましたが・・・・急遽変更(笑)します。
 
 
 
なので、タイトルには(4-0)とか、おかしな番号振りました。
えー、ライブだけではもったいないので、この際、「八木ブラザーズ」関連の情報を掲載しときます。

まずは、『CM動画作成 コマーシャライザー』で、このライブの告知CMが(笑)。

 以前、加持も、ブログのCMを【のすたる爺】さんに作ってもらった事があったなあ・・・。
 
直接見れる様ブログパーツを貼り付けたのですが、表示されないようなのでリンクだけ掲載しときます。
 
 
八木ブラザーズ"新潟ジャズストリート2010冬"出演!!のCM動画:やぎ@次男さんのオリジナルコマーシャル | コマーシャライザー
 
 
あとこのバンド、サポーターの人材が豊富なようでありまして。ライブ自主制作CDとかもある模様。
 
 
ライブレポートは、新潟にお住まい?のすずっく(Suzuck)さんが担当しております。
すずっくさんのブログには、トラックバックさせていただきますね。
 
 
 
ついでに・・・・『YouTube』から過去のライブ映像を貼り付けておきましょう。

★2008/7/20新潟ジャズストリート【Swan】

Yagi Brothers Live at Swan

 

 
これがまた映像は、まだまだ、あるのですな・・・・。
★2008/7/19、新潟ジャズストリート【Gioia Mia】

Yagi Brothers Live at Gioia Mia

 

 
 
【八木ブラザーズ】名義の他、オルガン入りの【放し飼いトリオ】というバンドも、あるみたいで(笑)。

★2008年、新潟ジャズストリート【Swan】

放し飼いトリオ+ at Swan "In A Sentimental Mood"

 

 
 
 こちらは、東京の【Organ Jazz Club】という処でのライブですか・・・。
フロント2人でウディ・ハーマン楽団の「Four Brothers」とは凄いなあ。

Live performance of Japanese Organ Jazz Quartet on 5th of June, 2008 at the Organ Jazz Club, Tokyo, Japan.  

放し飼いトリオ+ plays "Four Brothers"

 

 
 
こんな感じで『八木ブラザーズ』は演奏している訳です。シリアスとユーモアがうまく同居するバンドなんですね。
・・・・・まったく収拾がつかない気がしますが、今回はこのあたりで。

次回は、今年の【八木ブラザーズ7】ライブレポートをお送りします。

 

第15回新潟ジャズストリート(3) Fabio Bottazzo & 東聡志【からかみ屋】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、場所を移動して・・・。
こちらは東堀通5にある、からかみ屋さんでの「Fabio Bottazzo & 東聡志」です。
 
 
なんとも風情のある会場でありました。で、演奏時の写真はこんな感じで・・・・。
 
★16:00-18:00 Fabio Bottazzo & 東聡志
 
会場内は居心地が良いせいか、超満員。加持もしばし、立ち見で鑑賞しておりました。
 
こちらはメモがないので記憶を頼りに・・・。
えーっと、チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)の曲などを演奏しておりましたね。
ドラムが入らない分、両者のインプロビゼージョンが際立って聴こえてきます。
 
 
こういう空間でのギター&ベースの静かなデュオ、なかなかおつです。
定期的にコンサートを開催してくれると嬉しいかな?的スポットでありました。
 
Fabio Bottazzo & 東聡志:
Fabio Bottazzo(g) 東聡志(b)

会場:からかみ屋
住所:新潟市中央区東堀通5
電話:025-227-3400

Fabio Bottazzo HP
Fabio Bottazzo
 

 
お次は、近くの老舗ジャズ喫茶「ジャズ・フラッシュ」で行なわれた「八木ブラザース7」。
私的には、当日のメイン・イベントでありました(笑)。
 

第15回新潟ジャズストリート(2) 新発田高校ブラスバンド部【市民プラザ】

第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、お次も市民プラザ(NEXT21 6F)で開催された
【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】の模様、新発田高校ブラスバンド部のステージです。
 
新発田高校ブラスバンド部は、少なくとも30年以上前からジャズ専門で演奏活動を続けております。
今回は、約25年前に在籍していた加持がライブレポートをさせていただきます。(´・ω・`)ノ

ではざっくりと、演奏の模様をレポートしてみましょうか。
 

メンバーがほぼ女性で占められ、その上バンマスが女性であることからか全体的にほんわか
ムード満点の演奏でありました。今回は、リズム隊の一部だけ男性かな?
演奏曲目は、メモ取れた分だけご紹介しておきます。
 
 
★14:00-15:00 新発田高校ブラスバンド部【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】
★「Cute」: ミディアム・テンポで。 ソロはテナー・サックス(Ts)。
★「Green Onion」: ダウン・トゥ・アースなファンク・ナンバー。 ソロはAs、Ts、Fl。
★「In A Sentimental Mood」: スロー・バラッド。 ソロはAs、Ts、Tp。
★「Route 66」: ナット・キング・コール(Nat King Cole)の名曲。 ソロはCl、Tp×2、Tb。
★「Peter Gun」: 御馴染みアメリカのTVドラマの主題歌かな? ソロはB、Ds。
★「Georgia On My Mind」: これジョージア州の州歌でしたね。
★ (アラジンと魔法使いからのナンバー?)
★「Fly Me To The Moon」: これも御馴染みの名曲。 ソロはAs。
★ (メモできず)
★ (メモできず)
★「Love」: これもナット・キング・コールの名曲。
 

加持が演奏していた頃の曲は含まれてませんね。楽譜入れ替えたのかな?

 
昔なんぞは、カウント・ベイシーにデューク・エリントン、グレン・ミラーに秋吉敏子、さらにはクインシー・
ジョーンズの武道館ライブ、スクエアとかが混在すると言う、カオスな選曲であったのに(苦笑)。
 
当時に比べてみると、部員が倍増&ほぼ女性という凄い状況で・・・某SWING映画恐るべし(笑)。

デューク・エリントン・ナンバーの「In A Sentimental Mood」や、「Fly Me To The Moon」
などの良く知られた曲を取り上げ、ジャズ初心者でも楽しめる、そんなコンサートでした。
 

えー ・・・・ 司会のチャーリー高坂さん好みの曲をあえて演奏してたのかしら(笑)?
高坂さん大喜びのレパートリーだったみたいです。

新発田高校ブラスバンド部:
部長:2年伊藤千春(ds) バンドマスター:2年平野志織(cl) 総勢37名

会場:市民プラザ( NEXT21 6F)
住所:新潟市西堀通6
電話:025-226-5500

次回は、「Fabio Bottazzo & 東聡志」です。
 

第15回新潟ジャズストリート(1) IKARASHI-BB-JAZZ【市民プラザ】

今回から第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポートをスタートします。
新潟ジャズストリートだと長いので、タイトルでは「NJS」と略しますね。
 
 

最初は市民プラザ(NEXT21 6F)で開催された【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】の模様を。

まずは新潟市長・篠田昭さん挨拶の後、チャーリー高坂さんの司会でコンサートはスタート・・・。

多分、高校生や中学生がジャズを演奏?とか思う人も居るかと思われますが、音楽は若いうちに

慣れ親しんだ方が、その後の人生でながーく付き合える訳で・・・・まあ、加持もOBだし(笑)。

蛇足ついでに。

今、手元にある「新・世界ジャズ人名辞典(スイングジャーナル社・1988)」を見ると、有名なアート・

ブレイキー(Art Blakey)やトランペットのリー・モーガン(Lee Morgan)は、15歳で自分のバンドを
結成してたりするんですね。

日本に目を向けると、ジャズ・ドラマーの大我(※2)は6歳でプロデビューしてますし、アルト・サッ

クスの矢野沙織(※3)は16歳でCDデビューしてたり・・・・。
 
 
おっと蛇足が長くなりましたね(笑)。では演奏レポートに戻りましょう。
 
最初は、『IKARASHI-BB-JAZZ』です。

★12:00-13:00 IKARASHI-BB-JAZZ【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】

 
2003年、新潟ジャズストリート開催の年に結成されたこの中学生によるビックバンドは今回、
総勢32名で登場(写真はあえて、ピンボケのものを使用)。
 
溌剌としたアンサンブルに勢い余りすぎる(笑)リズム・セクション、堂々としたソロ・リレーと
なかなか楽しませてもらいました。

演奏された曲は、メモを確認すると
「ロッキーのテーマ」、朝らしい感じ(※1)と紹介された「Moanin’ (Bobby Timmons)」、
「You’d Be So Nice To Come Home To」などでしたね。

 
司会のチャーリー高坂さん、「中学生がこんな、おじさん好みの曲を」的な発言をされて
いて、会場(加持含む)の笑いを誘っておりました。
 
IKARASHI-BB-JAZZ

会場:市民プラザ( NEXT21 6F)
住所:新潟市西堀通6
電話:025-226-5500

NIIGATA STUDENT JAZZ
 

 
次回は、同じ会場での「新発田高校ブラスバンド部」です。
 
<付記>

※1 本来「Moan」は、うめくという意味であったりする。

※2 大我 公式サイト
大我 The World’s Youngest Jazz Drummer Tiger

※3 矢野沙織 公式サイト
Saori Yano Official Website
 

「第15回 新潟ジャズストリート」について

えーっと、音符で空間を埋めるだけがジャズじゃないんだよ ・・・・・ ブログもしかり。
 
毎日記事で埋めるだけじゃ、起伏がつかないのだ(土日更新出来なかった言い訳)。
 
 
で、突然ですが1月22日は、ジャズの日だそうです。

なんでも2001年に東京の老舗ジャズクラブのオーナーらで構成される「JAZZ DAY実行委員会」が制定した模様。
1月の英語表記(January)が「JAZZ」を連想させ、「22」が「ZZ」に似ている事から、らしい(苦笑)。

そんな動きに触発されたのか、新潟の老舗ジャズ喫茶のオーナーらが新たなイベントを企画。
それが2003年スタートから通算第15回を迎える「新潟ジャズストリート」です。

 
今回は新潟市共催のイベントを含め、新潟市中央区は古町地区を中心に、27会場で熱演が繰り広げられました。

新潟ジャズストリート・バナー

新潟ジャズストリート公式サイト

 
 
今回は、このブログ用の取材を兼ね結局約13時間、最初から最後まで古町近辺をうろつくことになりました(笑)。
 
最初に訪れた市民プラザ(NEXT21 6F)では、新潟市長・篠田昭さんが挨拶していたり。

市民プラザでの司会進行は、BSN新潟放送所属のチャーリー高坂(高坂元巳)さんでしたね。
ちなみに高坂さんはラジオ、「あなたと夜と音楽と(毎週土曜日22:00-23:00)」のパーソナリティさんです。

新潟市長・篠田昭さんのご挨拶

あと最後に、加持が聴いて来た演奏を列記しておきます。
とりあえず、この順番でライブの様子をお届けしようと思います。

◎ 市民プラザ( NEXT21 6F) BIGBAND JAZZ CONCERT(西堀通6 025-226-5500)

①12:00-13:00 IKARASHI-BB-JAZZ

②14:00-15:00 新発田高校ブラスバンド部

◎ からかみ屋 (東堀通5 025-227-3400)

③16:00-18:00 Fabio Bottazzo & 東聡志

◎ ジャズ フラッシュ(東堀通5 025-224-4518)

④17:00-19:00 八木ブラザーズ7

◎ 市民プラザ( NEXT21 6F) BIGBAND JAZZ CONCERT (西堀通6 025-226-5500)

⑤20:00-21:00 越後ジャズ戯団

◎ コーヒーショップ 器 (営所通1 025-229-5239)

⑥20:00-22:00 長沢好宏クインテット&近藤淳

◎ ジャズ喫茶 スワン (西堀通4 025-223-4349)

⑦21:00-23:00 U-BOAT

◎ JAZZY SPACE CATS HOUSE (古町通6 025-224-1667)

⑧21:00-23:00 Separam(セパラ)
23:00-24:00 ジャムセッション

では次回から、ライブの模様をつらつらとお送りしたいと思います・・・・。