「新潟のパワースポット」カテゴリーアーカイブ

弥彦山頂の彌彦神社・御神廟へ初めて参拝

弥彦山麓に広がる、越後国一宮として全国的に名高い彌彦神社(弥彦神社)。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

彌彦神社は「弥彦山(標高634m)を神体山として祀る神社」だそうなので、その弥彦山頂に鎮座する御神廟(奥の宮)を参拝するのが、一番みたいですね。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

なお、山頂の高さ634m(ムサシ)は「東京スカイツリー」と同じだとか・・・。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

先日、急に思い立ち、弥彦山頂に鎮座する御神廟(奥の宮)へ、初めて参拝してきました。山頂にあるので、山登りをする覚悟を決めて参拝する必要のありますので・・・。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

結果は大正解。麓の彌彦神社(弥彦神社)とは、異なる「大変素敵なパワーに満ちた空間」でした。

なお、「御神廟」とは「神の霊をまつった所」だそうなんで、言い換えると「墓所」にあたる訳ですね。
神様を祭る場所なので、「古墳」とも違うか・・・。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

御神廟(弥彦山頂)の御祭神は、越後国開拓の祖神「天香山命 (あめのかごやまのみこと)」と、その妃神「熟穂屋姫命(うましほやのひめのみこと)」。

ご夫妻である神様が祀られているためか、御神廟は「縁結びの名所」らしいです(真偽不明)。

妃神・熟穂屋姫命は、長岡市寺泊野積にある「妻戸神社」にも、祀られているようです。その地には、悲しい伝説が残されているようですね。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

さて、御神廟(弥彦山頂)参拝の起点は、弥彦山9合目。

私は、弥彦山スカイライン駐車場から約1分、クライミングカーを使い、辿り着きました。
他、弥彦山ロープウェイ・山麓駅から約5分の山頂駅を経由します。

弥彦山9合目から山頂までは、徒歩で700m。普通9~15分くらいかかる模様。やや急な整備された山道を、山頂までひたすら昇ります。

山頂までの途中には、新潟県内の主要放送局の電波塔施設(送信所)が立ち並んでおり、この事からも、弥彦山山頂から新潟県内が見渡せる事が実感出来ます。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

弥彦山頂にある「彌彦神社・御神廟」です。訪問時には、海の向こうの佐渡ヶ島がよく見渡せました。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

山頂到着時、真っ先に気になったのは、「御神廟」の鳥居が、関西方面に向けられている事。越後国に赴かれる前のお住まい、「紀伊国熊野邑(現・和歌山県新宮市)」の方向なのでしょうか?

草が生い茂る状態なので、未確認ですが、2つの「御神廟」が仲良く並んでいるそうです。
蛇足ですが、天香山命と妃神・熟穂屋姫命は、異母兄妹のようです。

彌彦神社・御神廟(弥彦村弥彦3606-1/弥彦山山頂)

●弥彦山ロープウェイ利用の場合、山麓駅から約5分で山頂駅(弥彦山9合目)に到着。
下車後、山頂まで徒歩で700m。9~15分くらいかかる模様。

●車利用の場合、弥彦山スカイライン駐車場から山頂駅(弥彦山9合目)には、
クライミングカー利用でも行く事が可能です。約1分くらい。

●登山の場合、表参道登山口(弥彦駅から徒歩で15分)から山頂まで初心者の方で1時間30分。

津南町のパワースポット・見玉不動尊と延命水

秘境・秋山郷の津南町方面からの入口付近に鎮座する霊地「見玉不動尊(正宝院)」。

神社、清流(湧水)、岩と揃ったこの場所、爽やかな気分になる素敵な「パワースポット」のようです。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

「見玉不動尊」は、織田信長の焼き討ちで有名な「比叡山延暦寺」を本山とする天台宗のお寺だそうです。

その歴史は、源平最後の合戦「壇ノ浦の戦い」の翌年1186年(文治2年)、平家の落人の一人、清盛の家臣であった宮本清左ェ門が、「平家の守り本尊であった不動明王」を安置。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

自らが初代住職となり「見玉不動尊(正宝院)」が誕生したとのこと。

こちらの不動明王は、眼病に特に霊験があるそうで、敷地内にはメグスリの木も植えられているみたいです。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

本堂に続く長い石段の脇には、渓流瀑と呼ばれる傾斜した岩の上を滑るように流れ落ちる七つの滝があり、石段の途中には「延命水」と書かれた取水場が設置されております。

杉の巨木に囲まれて、石段の脇を清水が流れ落ちるためか、境内は真夏でも涼しく、また地元では「パワースポット」としても認知されているらしいです。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

ちなみに私がいつも参拝する新発田市にある菅谷不動尊(諸法山菅谷寺)は、源頼朝の叔父君護念上人が文治5年(1189)の創建したらしいので、「見玉不動尊」の方が、少し早い創建のようですね。

//////////////////
見玉不動尊(正宝院)

住所:中魚沼郡津南町秋成9761
電話:025-765-3886

高龍神社(長岡市蓬平町)新潟のパワースポット

越後長岡の奥座敷と呼ばれる蓬平温泉の奥、118段の急な階段を登った上にある川に挟まれた岩山に鎮座する「高龍神社」。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット
送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

御神体は高龍大神、境内には神の使いと言われる白蛇の碑が建っております。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

商売繁盛の神様として、また近年、パワースポットとしても人気が高まる神社です。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

高龍神社
住所:長岡市蓬平町1284(蓬平温泉そば)

大祓祭@旦飯野神社[阿賀野市](6/30)

6月30日が運良く日曜日と重なったので、前から行きたかった旦飯野神社の大祓祭にお邪魔してきました。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

夏越の大祓なので、鳥居に「茅の輪」も設置されております。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

お神楽の奉納神事(稚児舞い・天狗舞い・鯛釣り神楽)、御神穀まきなど、普段お目にかかれない神事も堪能致しました。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

旦飯野神社
新潟県阿賀野市宮下968

蓬平温泉所縁のパワースポット・高龍神社(長岡市蓬平町)

長岡市蓬平町にある高龍神社は、商売繁盛の神様として、信仰を集める神社。
現在の社殿は、大正9年に建立されたそうです。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

南北朝時代(1336–1392)末期の出来事として、神社の言い伝えに登場する白泉は現在、蓬平温泉の源泉として利用されております。

山間の清流に囲まれた石山に建立された高龍神社は近年、パワースポットとして人気が・・・。

118段の急な階段を登ると、清清しい雰囲気を感じる事が出来ると思います(個人差はあるでしょうが)。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

神社参拝して気がついたのは、ここ「神社+山+滝(清流)」なんですね。

つまり、パワースポットと呼ばれる場所の要素を、多分に含むと言うことで・・・。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

こちらの御神体は高龍大神で、境内には神の使いと言われる白蛇の碑が建っております。

高龍神社
住所:長岡市蓬平町1284(蓬平温泉そば)

【高龍神社の言い伝え】

南北朝時代(1336–1392)の末期(1390年)、南北朝の戦いで傷を負った高野木民部永張が、お滝谷の慈光寺(五泉市)に向かう途中、この地に迷い込んだとか。

幸い里人に助けられたそうですが、傷が悪化し、生死の境を彷徨っていたそうです。

その時、夢枕に、日頃信心する丹生川上大神の分身で、この地に鎮座する高龍と名乗る老翁が現れ、白泉(蓬平温泉の源泉)の場所を告げたそうです。

お告げに従い、その白泉にて専心療浴(今でいう湯治かな)した結果、傷が癒え、無事、慈光寺に向かう事が出来たとか。

話を聞いた里人が、その地(現在の奥の院)に、高龍大神の小祠を建てたのが始まりだそうです。

【丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)】

なお、丹生川上神社は、ウィキペディアによると奈良県吉野郡東吉野村にある神社で、古くは「雨師明神」と称され、江戸時代からは「蟻通明神」とも、称されたんだそうです。