「新潟の神社仏閣」カテゴリーアーカイブ

弥彦山頂の彌彦神社・御神廟へ初めて参拝

弥彦山麓に広がる、越後国一宮として全国的に名高い彌彦神社(弥彦神社)。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

彌彦神社は「弥彦山(標高634m)を神体山として祀る神社」だそうなので、その弥彦山頂に鎮座する御神廟(奥の宮)を参拝するのが、一番みたいですね。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

なお、山頂の高さ634m(ムサシ)は「東京スカイツリー」と同じだとか・・・。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

先日、急に思い立ち、弥彦山頂に鎮座する御神廟(奥の宮)へ、初めて参拝してきました。山頂にあるので、山登りをする覚悟を決めて参拝する必要のありますので・・・。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

結果は大正解。麓の彌彦神社(弥彦神社)とは、異なる「大変素敵なパワーに満ちた空間」でした。

なお、「御神廟」とは「神の霊をまつった所」だそうなんで、言い換えると「墓所」にあたる訳ですね。
神様を祭る場所なので、「古墳」とも違うか・・・。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

御神廟(弥彦山頂)の御祭神は、越後国開拓の祖神「天香山命 (あめのかごやまのみこと)」と、その妃神「熟穂屋姫命(うましほやのひめのみこと)」。

ご夫妻である神様が祀られているためか、御神廟は「縁結びの名所」らしいです(真偽不明)。

妃神・熟穂屋姫命は、長岡市寺泊野積にある「妻戸神社」にも、祀られているようです。その地には、悲しい伝説が残されているようですね。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

さて、御神廟(弥彦山頂)参拝の起点は、弥彦山9合目。

私は、弥彦山スカイライン駐車場から約1分、クライミングカーを使い、辿り着きました。
他、弥彦山ロープウェイ・山麓駅から約5分の山頂駅を経由します。

弥彦山9合目から山頂までは、徒歩で700m。普通9~15分くらいかかる模様。やや急な整備された山道を、山頂までひたすら昇ります。

山頂までの途中には、新潟県内の主要放送局の電波塔施設(送信所)が立ち並んでおり、この事からも、弥彦山山頂から新潟県内が見渡せる事が実感出来ます。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

弥彦山頂にある「彌彦神社・御神廟」です。訪問時には、海の向こうの佐渡ヶ島がよく見渡せました。

彌彦神社・御神廟(弥彦山頂)を参拝

山頂到着時、真っ先に気になったのは、「御神廟」の鳥居が、関西方面に向けられている事。越後国に赴かれる前のお住まい、「紀伊国熊野邑(現・和歌山県新宮市)」の方向なのでしょうか?

草が生い茂る状態なので、未確認ですが、2つの「御神廟」が仲良く並んでいるそうです。
蛇足ですが、天香山命と妃神・熟穂屋姫命は、異母兄妹のようです。

彌彦神社・御神廟(弥彦村弥彦3606-1/弥彦山山頂)

●弥彦山ロープウェイ利用の場合、山麓駅から約5分で山頂駅(弥彦山9合目)に到着。
下車後、山頂まで徒歩で700m。9~15分くらいかかる模様。

●車利用の場合、弥彦山スカイライン駐車場から山頂駅(弥彦山9合目)には、
クライミングカー利用でも行く事が可能です。約1分くらい。

●登山の場合、表参道登山口(弥彦駅から徒歩で15分)から山頂まで初心者の方で1時間30分。

津南町のパワースポット・見玉不動尊と延命水

秘境・秋山郷の津南町方面からの入口付近に鎮座する霊地「見玉不動尊(正宝院)」。

神社、清流(湧水)、岩と揃ったこの場所、爽やかな気分になる素敵な「パワースポット」のようです。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

「見玉不動尊」は、織田信長の焼き討ちで有名な「比叡山延暦寺」を本山とする天台宗のお寺だそうです。

その歴史は、源平最後の合戦「壇ノ浦の戦い」の翌年1186年(文治2年)、平家の落人の一人、清盛の家臣であった宮本清左ェ門が、「平家の守り本尊であった不動明王」を安置。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

自らが初代住職となり「見玉不動尊(正宝院)」が誕生したとのこと。

こちらの不動明王は、眼病に特に霊験があるそうで、敷地内にはメグスリの木も植えられているみたいです。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

本堂に続く長い石段の脇には、渓流瀑と呼ばれる傾斜した岩の上を滑るように流れ落ちる七つの滝があり、石段の途中には「延命水」と書かれた取水場が設置されております。

杉の巨木に囲まれて、石段の脇を清水が流れ落ちるためか、境内は真夏でも涼しく、また地元では「パワースポット」としても認知されているらしいです。

津南町のパワースポット・見玉不動尊

ちなみに私がいつも参拝する新発田市にある菅谷不動尊(諸法山菅谷寺)は、源頼朝の叔父君護念上人が文治5年(1189)の創建したらしいので、「見玉不動尊」の方が、少し早い創建のようですね。

//////////////////
見玉不動尊(正宝院)

住所:中魚沼郡津南町秋成9761
電話:025-765-3886

新年恒例・新発田市周辺の神社仏閣巡り2016

明けましておめでとうございます。

元旦(1月1日)は毎年恒例、新発田市とその周辺の「神社仏閣巡り」を。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

地元の神社を参拝した後、健康祈願に「菅谷寺(新発田市菅谷860)」に。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

お次は、商売繁盛を祈願するため「大友稲荷奥の院(新発田市大友)」へ。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

今年はそのまま、最近お気に入りのパワースポット「旦飯野神社(阿賀野市宮下)」へ。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

旦飯野神社では何と、「元旦祈祷の御札」を無料配布しておりました。

白玉の滝と佐久那殿神社(新潟市秋葉区金津)

新潟市秋葉区金津、石油の里公園内の金津丘陵にある「白玉の滝」。夏は避暑・納涼の地としても利用されているとか。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

滝には雌滝(落差約7m)、雄滝(落差約15m)があり、雄滝の横には現在、滝の神・災厄抜除の神である瀬織津姫命を祀る、佐久那殿神社が建立されております。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

この滝は、順徳天皇の時代(1210~21)から知られていたそうで。

また大同4(809)年、弘法大師が菩提寺山に、真言密教寺院(菩提寺)を建立した関係で、山伏の修行の地であったとも言われます。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

「白玉の滝」には2つの滝があるのですが、駐車場から進んで最初に見えるのが「雌滝(落差約7m)」、狭い階段を登った上流に「雄滝(落差約15m)」です。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

なお、この滝が「白玉の滝」と呼ばれるのは、流水が水玉となり、黒い岩肌の先端から白く輝きながら落ちる光景から・・・とのこと。

また「白玉の滝」が「心霊スポット」だとの噂を聞いたこともありますが、どちらかといえば「神霊スポット」ですね。
何かあったとすれば多分、深夜に行ったとか、神聖なる場所で神罰あたるような事でもやったとしか思えず・・・。

白玉の滝
住所:新潟市秋葉区金津

※「中野邸美術館」と「石油の世界館」のすぐ近くにあります。

鮭が遡上する三面川河口の崖に鎮座する、延喜式内社・多岐神社。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

神社すぐ傍には三面川に注ぐ滝があり、滝つぼにはお不動さんが祀られております。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

多岐神社は、「宗像三女神」の一柱、「湍津姫(多岐津島姫命)」を祭ったと、伝えられているそうです。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

多岐神社には「義経伝説」に関係した「観潮閣」という別名もあるそうです。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

源義経が奥州平泉へ落ちのびる途中、多岐神社に休息のため立ち寄ったそうで。

その際、従者の弁慶が海を眺め「さても麗しき景色かな」と、眺望を賞賛。社殿の扉に「観潮閣」と大書きした事から由来するとのこと。

まあ、「神社の扉に落書きした話」なのですが、有名人ならOKなのか(汗)。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

また、三面川のヌシ「鮭太郎」が、霜月(旧暦11月)15日の夜に、三面川河口の多岐神社と、やや上流に位置する河内神社(村上市宮ノ下)にお参りに向かうという、昔話もあるそうで。

その日は、漁師達も漁を休んで多岐神社と河内神社に参拝し、大漁祈願するとか。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

なお、「宗像三女神」とは、宗像大社(福岡県宗像市)に祀られる三柱の女神の総称。

「古事記」や「日本書紀」に記されるアマテラスとスサノオの誓約(占い)の際、アマテラスがスサノオの持っている十拳剣を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から生まれたのが、「宗像三女神」なのだそうです。

村上市街地方面から国道345号線で三面川を渡り、岩ヶ崎遺跡を過ぎてすぐ。海岸方面に下りる坂道を下ると、多岐神社に続く駐車場があります。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

延喜式内社・多岐神社
所在地:村上市岩ケ崎787

馬頭観音(新潟市秋葉区小須戸)

新潟市秋葉区小須戸、小須戸橋のたもとに祀られる馬頭観音。

かつて馬宿尾崎屋(現・尾崎屋旅館)の尾崎屋円助が、渡船中の事故により信濃川で溺れ死んだ馬の供養のため、寄進を集め建立したものだそうです。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

以前は、信濃川すぐそばに建立されていたものが、護岸工事があり現在の場所に移動したとのこと。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

調べてみると、馬頭観音は観音菩薩の変化身の1つで、「六観音」の一尊。
柔和相と憤怒相の二つの相をもち、日本では柔和相の姿はあまり知られておらず作例も少ない、とのこと。

馬頭観音
場所:新潟市秋葉区小須戸(小須戸橋のたもと)

高龍神社(長岡市蓬平町)新潟のパワースポット

越後長岡の奥座敷と呼ばれる蓬平温泉の奥、118段の急な階段を登った上にある川に挟まれた岩山に鎮座する「高龍神社」。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット
送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

御神体は高龍大神、境内には神の使いと言われる白蛇の碑が建っております。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

商売繁盛の神様として、また近年、パワースポットとしても人気が高まる神社です。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

高龍神社
住所:長岡市蓬平町1284(蓬平温泉そば)

七面大天女岩屋(新潟市西蒲区角田)と龍の木

「浜メグリ2014春」にお邪魔する前に、とある方面で有名なスポット「七面大天女岩屋(新潟市西蒲区角田)、通称:日蓮の岩屋」に参拝してきました。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

場所は、国道402号線の角田浜海水浴場近く。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

現在、日蓮聖人所縁の「角田山妙光寺」が管理されているそうで、参拝途中に管理されてる方が車で来たりしましたよ。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

洞窟脇には看板があり、次の様に記載されておりました。

<岩穴>

日蓮聖人が、佐渡へ流罪の途中、角田浜に御上陸。
この岩穴に住んでいた七面大蛇を教化された。

大蛇はその後、末法鎮守の誓願をたて七面大明神と詞られた霊蹟である。

中の石は夜ひとりで積れる不思議があり、賽の河原と呼んでいる。

昭和五十二年八月
角田山妙光寺

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

参拝だけで済めば良かったのですが、「浜メグリ2014春」の帰り道、不思議な光景が(笑)。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

海岸沿いの夕暮れ時、「何か、龍の姿に似た木があるなあ」と思い撮影。

後日、「七面天女(七面大明神)」について調べてみると、とある伝承では、「緋色の鮮やかな紅龍の姿」であったり、「白蛇」であったりするそうで・・・。

「七面大天女岩屋」参拝した日に、「龍の姿に似た木」を撮影するなんて、あまにりも、出来すぎてますなあ、と(苦笑)。

新発田市内初詣参拝2014

年明け早々、新発田市内の神社仏閣へ初詣。

今年は、天候そんなに悪くなかったので、菅谷寺と大友稲荷(奥の院)へ。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

真言宗醍醐派・諸法山菅谷寺(新発田市菅谷860)

源頼朝の叔父、護念上人(源慈応)が創建。
眼疾に霊験があるとして、各地から参詣者が訪れるそうです。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

大友御杉原稲荷大明神・大友稲荷(新発田市大友1346)

今回初詣に行った奥の院は、大友東泉寺境内にある大友稲荷本殿より、南方向約500メートル程の所にあります。

建長年間(鎌倉時代)、領主・大友実秀の発願により、京都伏見稲荷大社の分霊を招請し創建されたそうです。

奥の院には、商売繁盛を祈願するお店や営業の方の名刺が多数奉納(?)されており、それを眺めるのも面白いかと思われます。

石川雲蝶の彫刻が残る「穴地十二大明神」(南魚沼市穴地)

名水巡りの途中、「石川雲蝶」の文字が目に付いたので、ちょっと寄り道してみました。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

石川雲蝶は近年、「越後のミケランジェロ」と称されるようになった彫刻家。

文化11(1814)年に江戸で生まれ、後に新潟に移り住み、新潟県内各地の神社仏閣の欄間彫刻などを手がけた名工です。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

欄間にあるのは、渡辺綱の大江山の鬼退治をモチーフとした彫刻(未完成)だそうで。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

穴地十二大明神
所在地:南魚沼市穴地