「新潟の自然風景」カテゴリーアーカイブ

金鉢清水[新潟市西蒲区福井]【新潟県の名水】

2014年10月9日追加選定された、金鉢清水(かなばちしみず)は「ほたるの里公園(新潟市西蒲区福井)」内にある、ホタル生息地付近の湧き水です。

送信者 新潟の名水・湧き水

角田山の南麓に位置する「ほたるの里公園」を流れる矢垂川では、初夏からホタルの幻想的な光の乱舞が楽しめるそうです。

送信者 新潟の名水・湧き水

6月上旬から7月上旬頃までは「ゲンジボタル(Luciola cruciata Motschulsky)」、7月上旬から7月下旬までは「ヘイケボタル(Luciola lateralis Motschulsky)」が飛び交ってる模様。

送信者 新潟の名水・湧き水

公園に隣接する国道460号沿いには日帰り温泉「福寿温泉じょんのび館」、「角田山自然館」などがあります。

送信者 新潟の名水・湧き水

ちなみに国道460号は、「国道116号線」と海岸沿い「国道402号線」を横断しております。

送信者 新潟の名水・湧き水

金鉢清水(新潟市西蒲区福井)【新潟県の名水】
住所:新潟市西蒲区福井4067 ほたるの里公園内

<アクセス>
鉄道・バス:JR巻駅下車⇒新潟交通観光バスじょんのび館または浦浜行き、じょんのび館下車、徒歩5分
車:北陸自動車道巻・潟東IC⇒国道460号線を福寿温泉じょんのび館方面へ20分

白山神社・蛇の口の水[糸魚川市能生]【新潟県の名水】

2015年03月上旬、糸魚川市能生の「能生白山神社」境内にある「白山神社・蛇の口の水」に行くことが出来ました。

送信者 新潟の名水・湧き水

能生白山神社では、大国主命の妻になったとされる古代奴奈川族の首長・奴奈川姫を祀っているそうです。
越後三十三観音霊場の一つであり、海上安全、厄除け、五穀豊穣などの御神徳があるとか・・・。

送信者 新潟の名水・湧き水

国の重要文化財に指定されている本殿前に設置された龍の口より流れ出る「白山神社・蛇の口の水」は、神社裏山である尾山(御山)の岩間より湧き出るており、四季を通じて水量の変化がないとか。

送信者 新潟の名水・湧き水

裏山を「尾山」と呼ぶのは、信州戸隠神社(長野県長野市戸隠3506)に鎮座する九頭龍社の龍の尾が、能生白山神社の尾山にあると言い伝えられているからだそうで・・・。

送信者 新潟の名水・湧き水

ちなみに、戸隠からのびた龍の胴部分は、関山神社(妙高市関山4804)にあたるという話もあったり・・・。

送信者 新潟の名水・湧き水

白山神社・蛇の口の水
住所:能生白山神社(糸魚川市能生7239)

<アクセス>
車:国道8号線「弁天大橋東詰」信号のT字路を山側へ入る。
北陸自動車道・能生IC下車、車で5分。

電車:JR能生駅より徒歩20分

観音清水[上越市大島区牛ヶ鼻]【新潟県の名水】

2014年08月に訪問していた上越市大島区を通る県道229号菖蒲棚岡線沿いにある「観音清水」。
2013年03月に【新潟県の名水】として追加選定された湧水です。

送信者 新潟の名水・湧き水

付近には、同じく【新潟県の名水】に選定された「トコロテンの水(上越市大島区下達)」があります。

馬頭観音と刻まれた石碑があることから、「観音清水」と名付けられた模様。

地元・上越市立大島小学校の生徒さんが作成した資料によると、かつては、馬がこの湧水を飲んだという話もあるそうです・・・。

送信者 新潟の名水・湧き水

観音清水【新潟県の名水・2013年03月追加選定】
住所:上越市大島区牛ヶ鼻地内

<アクセス>
鉄道・バス:JR直江津駅又は越後湯沢駅⇒北越急行ほくほく線ほくほく大島駅⇒大島区バス菖蒲行き「牛ヶ鼻」下車⇒徒歩3分

車:関越自動車道六日町IC又は北陸自動車道上越IC⇒国道253号⇒県道13号⇒県道229号

弘法清水[上越市牧区棚広]【新潟県の名水】

「新潟県の名水」巡り、2014年に訪問した場所をブログで紹介し忘れてたので、最近行った場所も含め、まとめてご紹介します・・・。

2014年08月に訪問したのは、弘法清水自然公園にある湧水「弘法清水」。

送信者 新潟の名水・湧き水

上越市牧区宇津俣にある宇津俣温泉や鷹羽温泉郷に至る、県道301号柳島信濃坂線のすぐ近くに位置しております。

送信者 新潟の名水・湧き水

この湧水は、全国行脚中の弘法大師(真言宗の開祖・空海)が、水源に乏しい村人に同情し、杖を突き刺した場所から湧き出た水であるとの言い伝えが残っているそうです。

かつては湧水の一部を水道の水源として利用していたそうですが、現在も使用しているかは不明です。

送信者 新潟の名水・湧き水

弘法清水
住所:上越市牧区棚広2329(弘法清水自然公園内)

交通アクセス:
●トキ鉄・妙高はねうまライン「高田駅」より、宇津俣行きバスで約50分「小平」下車後、徒歩で1分

●北陸自動車道上越ICより、国道18号線~国道405号~県道柳島・信濃坂経由

仙見川渓谷(五泉市仙見谷)

五泉市の早出川へ流れ込む清流・仙見川。

送信者 新潟の自然・風景・遺構

新潟にも、こんな風光明媚な渓谷があったとは・・・・。

上流には「つぼ滝」、「長瀞」などの見どころがあるそうで。

自然そのままに残された仙見川渓谷、カメラマンにも人気のスポットだそうです。

送信者 新潟の自然・風景・遺構

仙見川渓谷
住所:五泉市仙見谷

制作協力した、ふれっぷ2015年5月号「にいがた名水探訪」配布中

◎ふれっぷ2015年5月号「にいがた名水探訪」

この冊子の制作に協力し、掲載地の選定と、5ヶ所ほど写真を提供致しました。

ふれっぷ2015年5月号「にいがた名水探訪」

ふれっぷ2015年5月号「にいがた名水探訪」

発行:新潟日報サービスセンター
企画・制作:新潟日報社 読者ふれあいセンター、NIC 新潟日報販売店グループ、(株)アートグラフィック新潟

参考資料:新潟県県民生活・環境部発行「わきでる思い新潟県の名水」

ふれっぷ2015年5月号「にいがた名水探訪」

ふれっぷ2015年5月号「にいがた名水探訪」

新潟県内で冊子を入手可能な方は、ご覧下さいませ。

新潟大学近く、猫カフェが併設された「アミパ新潟店」(新潟市西区坂井砂山)

新潟大学近く、新潟市西区坂井砂山に、猫カフェが併設されたアミューズメント施設、「アミパ新潟店」がオープンしました。

施設のメインは、「大型室内釣り堀」のようです。

送信者 ブログ・日々日記用

この「アミパ新潟店」、公式ホームページなどウェブで確認出来る処が見つけられなかったので、この前の「ねこコレ 新潟駅前店」同様、とりあえず行ってみました。

店内に入ると、受付と大きな釣堀が・・・。

送信者 ブログ・日々日記用

「猫カフェ」は、店舗の奥に、ひっそりと併設されておりました。

送信者 ブログ・日々日記用

フリードリンクを選び、部屋に入ると思った以上に人懐こい猫が数匹。

送信者 ブログ・日々日記用

終始、膝の上に乗る猫も居て、ドリンク取りに移動も出来ない感じでした(笑)。

送信者 ブログ・日々日記用

くつろぎと癒しの空間 アミパ新潟店

住所:新潟市西区坂井砂山2丁目16-12)
電話:025-201-7877

猫カフェ(フリードリンク付)

<猫カフェ営業時間[年中無休]>

平日(月~金):12時~20時
土・日・祝日:10時~20時

<料金>

大人(中学生以上)1,080円(1時間)、1,620円(2時間)
子供(3歳以上小学生)860円(1時間)、1,300円(2時間)

※延長15分で200円(大人・子供共)

猫好きにはたまらない隠れスポット「ねこコレ」 新潟駅前店

数年前、新潟市役所前オープンした、猫と遊べるスポット「ねこコレ」。

飲食禁止で、ひたすら猫と戯れるお店でした。

送信者 ブログ・日々日記用

新潟市内に別の「猫カフェ」がオープンするということで検索してみたら、いつの間にか「ねこコレ 新潟駅前店」も営業していたことに気がつきまして(笑)。

ネットで調べても情報少ないので、とりあえず行ってみることにしました。

送信者 ブログ・日々日記用

店員さんにお話を聞くと、最初「ねこコレ新潟市役所前店」居た猫達を、こちらに移動した模様。

送信者 ブログ・日々日記用

数年前に「ねこコレ新潟市役所前店」に行った時とは違い、かなり人に慣れてましたね。

送信者 ブログ・日々日記用

猫と遊ぶ場所「ねこコレ」 新潟駅前店

住所:新潟市中央区弁天2丁目1-1弁天ビル8F

<営業時間>

平日:11時~20時 (最終受付19時30分)
土日祝日:10時~20時 (最終受付19時30分)

<料金(一人あたり)>

15分400円
30分600円
45分800円
60分1000円 など・・・。

縄文雪つららの水[長岡市脇野町]【新潟県の名水】

長岡市(旧・三島郡三島町)脇野町にある、新潟県の名水「縄文雪つららの水」。

2012年に事業停止してしまった、「株式会社まるや君が代」跡地前に水汲み場が設置されております。

至近にある千石原遺跡(長岡市吉崎)からは、火焔型土器が発掘されており、縄文の頃から湧く清水だと推測されるので、「縄文雪つららの水」と名付けられたと思われます。

送信者 新潟の名水・湧き水

湧水地は、長岡市から出雲崎町へ抜ける国道352号線(三国街道)の、脇野町交差点T字路より県道170号線に進んですぐ。

麺喰い処「つるりん房」の案内看板を目印に進むと、わかりやすいかも。

あるいは、「越乃白雁」を製造する「中川酒造」を目標にした方が、判りやすいかな。

縄文雪つららの水【新潟県の名水】

住所:長岡市脇野町2015

馬場清水[小千谷市大字時水]【新潟県の名水】

関越自動車道・小千谷ICそば、城山(時水城跡)登山道登り口の、駐車場にある新潟県の名水「馬場清水(姥清水)」。

送信者 新潟の名水・湧き水

小千谷市指定文化財に登録されている「時水城跡」、小千谷市史よると、上杉謙信の家来だった曽根五郎左衛門が、時水城主と言われているそうで。

この馬場清水の場所に「馬場(馬の乗り継ぎや、騎馬修練のため設けられた場所)」があり、ここの湧水は時水城の飲料水に用いられていたらしいです。

送信者 新潟の名水・湧き水

「飲めば病気が治る」といわれた程の名水、とのことで、訪問時にも地元民らしい人たちで賑わっておりました。

なお、駐車場の上には貯水池らしきものがあり、併設される「ばばしょの茶屋」で、ところ天(300円)と、冷やしそうめん(400円)が食べられるみたいです。

蛇足ですが、信濃川を挟んだ対岸にある、「高の井酒造(小千谷市東栄)」さんでは、城山が属する西山山系の水で、「田友(でんゆう)」という純米吟醸、特別純米を製造してるそうです。

馬場清水(姥清水)【新潟県の名水】

所在地:小千谷市大字時水字中ノ沢1443-1