「加治川治水記念公園」タグアーカイブ

加治川治水記念公園(新発田市真野原)の桜2014


新潟県新発田市を流れる加治川。

その堤防にはかつて、「長堤十里」と称えられる6千本の桜が植えられ、桜の季節には、羽越本線「加治川仮乗降場」が設けられるほどの賑わいを見せたスポットでした。

送信者 新潟の自然・風景・遺構

昭和41(1966)年、昭和42(1967)年と2年続いた水害対策のため、当時の桜の木は伐採されてしまいましたが現在、往時の3分の1ですが、2千本の桜が植樹されております。

送信者 新潟の自然・風景・遺構
送信者 新潟の自然・風景・遺構

加治川治水記念公園(新発田市真野原)地内には桜の他、土木学会選奨の土木遺産に認定された「加治川運河水門、土砂吐水門(大正3年(1914年)竣工)」が保存されております。

送信者 新潟の自然・風景・遺構

加治川治水記念公園(新発田市真野原463‐1)

JR白新線・羽越本線「新発田駅」より、車で30分。
日本海東北自動車道・聖籠新発田I.Cより、車で20分。

加治川治水記念公園の桜2013(新発田市)


新発田市にある桜の名所、加治川。

6千本の桜が連なり、「長堤十里世界一」と呼ばれた時期もありましたが、昭和41(1966)、42(1967)年と続いた水害のため、河川改修にて伐採されてしまいました。

送信者 新潟の自然・風景・遺構

現在は、桜の名所を復活させようと、「加治川治水記念公園」と「加治川堤防」に、約2千本の桜が植樹されております。

加治川治水記念公園
住所:新発田市 真野原463‐1