「水と土の芸術祭2015」タグアーカイブ

旅地蔵 ―阿賀をゆく― 松浜の家(阿1)髙橋伸行@松浜の家ほか[新潟市北区]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

髙橋伸行さんの作品は、2会場に分散展示されておりました。

送信者 水と土の芸術祭2015

松浜の家[新潟市北区三軒屋町]にメインの展示がありまして。

送信者 水と土の芸術祭2015

「旅地蔵 ―阿賀をゆく―」は、nico(カフェ)[新潟市北区松浜本町]展示されておりました。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

阿賀野川をめぐる記憶を遡上し、今を生き抜く人にはじまり、
今は亡き人や次代を担う人をたずね歩き、生きた証や声を掬いとる。

新潟の「水」の重大事象である「新潟水俣病」を対象に、人やもの、
場所の記憶や断片を掬い上げ提示していくプロジェクト。

作品:旅地蔵 ―阿賀をゆく― 松浜の家(阿1)
アーティスト:髙橋伸行(Nobuyuki Takahashi)
会場:松浜の家[新潟市北区三軒屋町]/nico(カフェ)[新潟市北区松浜本町]

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

大地のひと(福1)安藤栄作@福島潟[新潟市北区]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

送信者 水と土の芸術祭2015

新潟市北区前新田にある、「福島潟」。
その草むらに、流木で形成されたと思われる「人形」が横たわっておりました。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

東日本大震災に被災した作家が、人間が大自然や宇宙の理と再び和解することを願って制作する。
作家がかつて慣れ親しみ、先人たちの大自然との壮大な対話の波動が息づく福島潟で
「天と地の和解」のモニュメントを立ち上げる。

作品:大地のひと(福1)
アーティスト:安藤栄作(Eisaku Andou)
会場:福島潟[新潟市北区前新田]

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

清五郎さん(鳥1)宮内由梨@清五郎潟[新潟市中央区]水と土の芸術祭2015


新潟市中央区、鳥屋野潟の南に隣接する「清五郎潟」。

送信者 水と土の芸術祭2015

天寿園の駐車場隅にひっそりと佇むのが、「清五郎さん(鳥1)」です。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通りです。

清五郎潟に残る寂しさを拾いあげた、切なく薄ら寒い物語を表現。

夜更けになると、首が伸び魂を載せた頭が通りを彷徨い歩く「お六」。
いつからか帰らぬ 「清五郎」の身を案じ、よもや潟に落ちたのでは、と潟の中を探り見る。

作品:清五郎さん(鳥1)
アーティスト:宮内由梨(Yuri Miyauchi)
会場:清五郎潟[新潟市中央区]

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

新潟の夢-Dream of Niigata-(街2)王文志@鳥屋野潟[万代島緑地]水と土の芸術祭2015


新潟市中央区、国道7号線・萬代橋の下流右岸にある作品が「新潟の夢-Dream of Niigata-」です。

送信者 水と土の芸術祭2015
送信者 水と土の芸術祭2015

昼と夜で、作品の雰囲気が変わるのも、面白いですね。

送信者 水と土の芸術祭2015
送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通りです。

竹と牡蠣殻による巨大なアート。
竹で編み上げた貝殻と隙間から差し込む光と影によってその美しい姿が河辺に現れる。
回廊を通った内部は橋、広場など高低差が楽しいゆったりとした情景。
再生の象徴である牡蠣殻を使うことで、前回の作品から継続して被災地と関係を創り復興を祈念する。

作品:新潟の夢-Dream of Niigata-(街2)
アーティスト:王文志(Wang Wen-Chih)
会場:万代島緑地(萬代橋下流右岸)

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

おひるねハウス(海1)南川祐輝@海[西海岸公園・新潟市中央区西船見町]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

「西海岸公園」多目的広場で、2009年から展示されている「おひるねハウス」。

ちなみに「おひるねハウス」という作品は2004年、愛知県佐久島「三河・佐久島アートプラン21」で、最初に制作されたものらしいです。

また、南川祐輝さんは「おひるねハウス」で、「2010年建築家フォーラムアワード優秀賞」を受賞しているとか。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

日本海に臨む小さな建築物。座ったり、寝ころんだりしながら、海の風と共に、水と土の風景を五感で感じ、未来を考える。

作品:おひるねハウス(海1)(2009)
アーティスト:南川祐輝(Yuuki Minamikawa)
会場:その他

送信者 水と土の芸術祭2015

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

心園の渡り(海2)管懐賓@海[関分記念公園・新潟市中央区関屋]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

関屋分水の脇にある「関分記念公園」にて、2009年より展示される「心園の渡り」。

管懐賓(グァン・ファイビン)さんは、1961年、中国・江蘇省生まれ。
2004年に、東京藝術大学大学院・美術研究科の後期博士課程・油画専攻終了されているそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

日本海の彼方に向く、海や境を越えて繋がる心の交流を象徴する造形物。
海と陸(水と土)を渡る、心の交流の現在と過去を見つめ未来を考えるきっかけをつくる作品。

作品:心園の渡り(海2)(2009)
アーティスト:管懐賓(Guan Huai Bin)
会場:その他

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

原生―立つ土(佐2)関根哲男@佐潟[新潟市西区赤塚]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

さて、新潟市西区赤塚にあるメインフィールドの一つ、ラムサール条約登録湿地「佐潟」。「ラムサール条約」とは「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」とのこと。

「佐潟」は、砂丘と砂丘の間の窪地に出来た国内最大の「砂丘湖」であり、水源は雨水と湧水だけ、流れ込む河川はないそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

「佐潟なりわい観測舎(佐1)」が展示される対岸にあったのが、「原生―立つ土(佐2)」。

送信者 水と土の芸術祭2015

ジーンズなどに土を入れ、群集の如く大地に直立させている作品でした。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

生命は、土から生まれ土に帰り、無数の生命が土に連なっている。
佐潟の稀有に豊かな自然を背景に得て、この土が力強く立つ姿を描き出し、土の強さと、自然・生命の尊さを訴えていく作品。

作品:原生―立つ土(佐2)
アーティスト:関根哲男(Tetsuo Sekine)
会場:佐潟

送信者 水と土の芸術祭2015

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

佐潟なりわい観測舎(佐1)アトリエ・ワン(塚本由晴/貝島桃代)@佐潟[新潟市西区赤塚]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

新潟市西区赤塚にある、ラムサール条約登録湿地「佐潟」。

送信者 水と土の芸術祭2015

駐車場から遠く離れた場所にあったのが、「佐潟なりわい観測舎(佐1)」

送信者 水と土の芸術祭2015

炎天下の中、大雑把な案内看板に従い、途中、舗装され収穫真っ最中の農道を延々進むという、「一歩間違えば、日射病で倒れるんじゃないかしら?」と思いつつ、作品までの道のり。

送信者 水と土の芸術祭2015

死にかけつつ、ようやく辿り着いた、観測舎・・・階段の途中には、野菜のプランターが。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

佐潟の自然環境と、佐潟に関わってきた赤塚集落における生業の深い歴史。
この地のアクター・ネットワークを明らかに紡ぎ出していくドキュメント。

作品:佐潟なりわい観測舎(佐1)
アーティスト:アトリエ・ワン(塚本由晴/貝島桃代)
会場:佐潟

送信者 水と土の芸術祭2015

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

海抜ゼロ(堰2)土屋公雄APT 田原唯之+木村恒介@上堰潟[新潟市西蒲区]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

新潟市西蒲区松野尾、角田山の麓に広がる「上堰潟」。

送信者 水と土の芸術祭2015

2009年に制作された「海抜ゼロ」と題された作品が、こちらです。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

海抜ゼロメートル地帯の、かつて腰まで水に浸かりながら農作業を行っていた時の水面の視界を実感する作品。
潟地の暮らしの歴史を体感し、未来を考える。

作品:海抜ゼロ(堰2)(2009)
アーティスト:土屋公雄APT 田原唯之+木村恒介
会場:上堰潟

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会

曲(堰1)藤野高志/生物建築舎@上堰潟[新潟市西蒲区]水と土の芸術祭2015


田園都市・新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

最初に訪れた会場は、新潟市西蒲区松野尾、角田山の麓に広がる「上堰潟」。

送信者 水と土の芸術祭2015

これは「曲」と題された作品。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通りです。

かつて上堰潟が人々の生活を支えていた頃、ぬかるむ土や、波立つ水と、人の身体は連続していた。
そんな潟のリズムを再生するために、白くて長いアーチを架ける。
風や人の動きによって緩やかに波打つアーチは、人の身体を、土や、水や、豊かな生物たちと繋いでゆく。

作品:曲(堰1)
アーティスト:藤野高志/生物建築舎(Takashi Fujino/Ikimono Architects)
会場:上堰潟

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区)
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区)
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区)

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会